経済学科

経済学科

経済学科DEPARTMENT OF ECONOMICS

複雑化する経済社会にさまざまな視点からアプローチ

新たな価値観や技術を創造し続ける社会の背後には「経済」があります。経済学を学ぶことは、世界各国を動かしている原動力が何かを知ることでもあるのです。世界的な視野を養うためには、経済学を学ぶことが近道といえるでしょう。刺激的で、創造的な学問、それが経済学です。

学問領域

経済活動のさまざまな要素に多角的にアプローチ

経済学は、現実の社会、経済問題に対応する為にさまざまな方向に発展してきました。景気が悪ければ雇用を中心に人々の生活にさまざまな問題を引き起こします。また、景気が良い場合でも、経済は依然として資源利用の非効率性や、成長と平等の間に潜む相反性に直面します。このように経済の変化は人々にさまざまな影響を与えることになりますが、経済活動は多くの人々の行動の結果であり、自然や社会構造といった個人では左右できない背景を持っています。このため、経済問題の解決法を提供する、社会科学としての経済学が必要とされているのです。

カリキュラムの特徴

経済現象を理解し、分析ツールを習得して論理的な思考力を養う

経済学科では1年次を中心に経済理論や統計、情報処理など基礎的科目を学習します。また、これらを発展させた科目の他に、金融や国際貿易、環境経済、財政、経済政策、各地域経済、経済史、異文化論など、より専門的な科目を各人の関心に沿って履修します。グローバル化した経済事情の理解に不可欠な知識・素養を身につけ、現実の経済諸問題を客観的に評価できる能力の獲得を目指します。

取得できる教員免許

中学校1種(社会)・高校1種(公民)

経済学科の昼間コースの教育課程には、2つの専門領域があります

近代経済学 履修モデル

社会経済の基本的制度を学び、経済モデル(理論)分析と経済データ(実証)分析の方法を習得することにより、経済学部ならではの知的センスと実践的分析能力を持った学生を育てることを目的としています。

グローバル経済 履修モデル

地球規模に拡大した経済活動(グローバル経済)を歴史的観点を入れながらさまざまな切り口から分析する科目を学ぶことにより、幅広い視野を持った学生を育てることを目的としています。

経済学科の2つの履修モデルとコア科目

  近代経済学 グローバル経済
専門基礎科目 入門社会経済学 経済数学 統計入門Ⅰ・Ⅱ 入門ミクロ経済学 入門マクロ経済学
情報処理概論Ⅰ・Ⅱ 経済学史Ⅰ 日本経済入門 経営学概論Ⅰ・Ⅱ 簿記入門
専門展開科目 演習ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB 外書講読Ⅰ・Ⅱ インターンシップ 卒業論文
異文化間コミュニケーション基礎演習Ⅰ・Ⅱ 異文化間コミュニケーションⅠ・Ⅱ
異文化間コミュニケーション特殊講義 異文化論 経済学特殊講義 経済学概略講義
ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
金融論Ⅰ・Ⅱ
公共経済論Ⅰ・Ⅱ
ゲーム理論
計量経済学Ⅰ・Ⅱ
産業組織論Ⅰ・Ⅱ
環境経済システム論Ⅰ・Ⅱ
国際貿易論Ⅰ・Ⅱ
応用ミクロ経済学
国際マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
世界経済史Ⅰ・Ⅱ
日本経済史
日本経済論
アメリカ経済論Ⅰ・Ⅱ
EU経済論
ロシア経済論
アジア経済論Ⅰ・Ⅱ
比較経済体制論
開発途上国経済論
財政学Ⅰ・Ⅱ
金融論Ⅰ・Ⅱ
現代政治経済学
経済学史Ⅱ
市場と組織の理論
経済情報処理

(注)開設科目は一部変更されることがあります。