経営学科

経営学科

経営学科DEPARTMENT OF MANAGEMENT

実社会で行われる組織の経営活動に体系的にアプローチ

現代のビジネス社会を動かしている潮流は何でしょうか。企業や組織はどのように対応し、新たな経営を創造しようとしているのでしょうか。経営学の基礎理論から分析手法、そして実際の企業経営の現実を知る機会を通して、企業や組織経営のあるべき姿を探っていきます。現実に即した生きている学問、それが経営学です。

学問領域

企業経営、公共経営、会計・税務の3領域から組織のマネジメントに体系的にアプローチ

経営学科は、企業行動を対象とする企業経営、国や地方公共団体の行動や公共政策を対象とする公共経営、簿記・財務会計・管理会計・税法を学ぶ会計・税務という3つの専門領域からなっています。これらは、組織マネジメント(企業経営・公共経営)と組織の行動を支える基盤(会計・税務)とを体系的にとらえる学問領域で、企業や公的機関の効果的な組織運営について実践的に学びます。

カリキュラムの特徴

組織のマネジメントに必須の知識と実践的な能力を修得する

経営学科では、4年間の学習を通じて、徹底した基礎づくりと、それに基づいて柔軟な分析と考察を行う能力を養成することを主眼とし、組織マネジメントに必須の知識と実践的な能力の修得を目標にしています。1年次に必修科目(会計学概論)を履修し、2年次から「企業経営J、「公共経営」、「会計・税務」という3つの専門領域ごとに設定された履修モデルに沿って専門科目を体系的に履修し、専門知識を獲得していきます。さらに、演習や卒業論文を通じて、専門知識を活用する能力と問題解決能力を養成していきます。

取得できる教員免許

高校1種(商業)

経営学科の昼間コースの教育課程には、3つの専門領域があります

企業経営 履修モデル

企業経営を考え、実践する上で必要な専門基礎知識を体系的に学習することによって、めまぐるしく変化する企業経営環境に適応できる専門能力を修得することをねらいとします。

公共経営 履修モデル

政府や地方公共団体、非営利団体に代表される公共部門の政策や行政の機能、新しい公共経営の手法などを系統的に学習することによって、これからの地域運営に必要な政策に関する専門能力を修得することをねらいとします。

会計・税務 履修モデル

確かな簿記知識・技術を身につけるとともに、これを基盤とし、各自の興味・関心に応じて、財務会計・管理会計・税法に関する高度な専門能力を修得することをねらいとします。

経営学科の3つの履修モデルとコア科目

  企業経営 公共経営 会計・税務
専門基礎科目 入門ミクロ経済学 入門マクロ経済学 経済数学 統計入門Ⅰ 日本経済入門
経営学概論Ⅰ・Ⅱ 会計学概論Ⅰ・Ⅱ* 企業分析入門
専門展開科目 演習ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB 卒業論文 異文化間コミュニケーション基礎演習Ⅰ・Ⅱ
インターンシップ 異文化間コミュニケーションⅠ・Ⅱ
異文化間コミュニケーション特殊講義 異文化論
ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
経営戦略論Ⅰ・Ⅱ
経営組織論Ⅰ・Ⅱ
統計入門Ⅱ
企業文化論
経営情報システムⅠ・Ⅱ
ファイナンスⅠ・Ⅱ
マーケティング論Ⅰ・Ⅱ
人的資源管理論Ⅰ・Ⅱ
国際企業論
現代企業論
ロジスティックス
生産管理論
簿記論
原価計算論Ⅰ・Ⅱ
検定工業簿記2級
管理会計論Ⅰ・Ⅱ
計量経済学Ⅰ・Ⅱ
企業経営特殊講義
企業経営概略講義
マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
日本経済論
公共経済論Ⅰ・Ⅱ
金融論Ⅰ・Ⅱ
行財政入門
経営戦略論Ⅰ
経営組織論Ⅰ
地方財政論Ⅰ・Ⅱ
NPO論
文化経済学
統計入門Ⅱ
公共経営論
公共選択論
組織の経済学Ⅰ・Ⅱ
経営情報システムⅠ・Ⅱ
租税理論Ⅰ・Ⅱ
計量経済学Ⅰ・Ⅱ
国際マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
ゲーム理論
公共経営特殊講義
公共経営概略講義
簿記論
財務会計論Ⅰ・Ⅱ
検定工業簿記2級
検定商業簿記2級Ⅰ・Ⅱ
連結会計論Ⅰ・Ⅱ
会計情報論
国際会計論
原価計算論Ⅰ・Ⅱ
管理会計論Ⅰ・Ⅱ
租税理論Ⅰ・Ⅱ
経営税務論Ⅰ・Ⅱ
会計税務インターンシップ
会計学特殊講義
会計学概略講義

*会計学概論Ⅰ・Ⅱは経営学科必修科目
(注)開設科目は一部変更されることがあります。