入試情報

学生受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

詳細はこちらをご覧ください

入学者選抜要項(令和2年度)

令和2年度入学者選抜要項については,新潟大学ホームページの 入試関係情報 から 令和2年度入学者選抜要項 をご覧ください。
入学者選抜要項(冊子),経済学部の各種募集要項(冊子)の取り寄せは,以下のボタンから資料請求を行ってください。その他の募集要項(冊子)の取り寄せは,新潟大学ホームページの 入試情報 をご覧ください。

資料請求はこちら

特別入試募集要項

経済科学部

※ピンク色のマスの項目が、現在募集中の要項です。
推薦入試の募集要項は、新潟大学ホームページに掲載しています。

▼自己推薦書様式(AO入試)は下記よりダウンロードしてご使用下さい。

経済学部

※ピンク色のマスの項目が、現在募集中の要項です。

特別入試及び転部試験における試験問題の出題意図

第3年次編入学(昼間コース)・転部試験

専門科目

経済学基礎
第3年次編入学及び転部(昼間コース)試験では,主として記述式の設問形式とし, 学部1,2年次で学ぶ基礎的なミクロ経済学の理解について,図表あるいは数式の意味を理解しているか,ミクロ経済学の計算問題を正確に解けるか,ミクロ経済学的な主張の正否を正しく判断できるか,また,入門レベルのマクロ経済学に関する内容および専門用語の意味を正しく理解しているか,経済学を学習する上で必要な計算能力を備えているかをみます。

経営学基礎
第3年次編入学及び転部(昼間コース)試験では,大学入試センター試験とは異なり,記述式の設問形式をとっています。経営学基礎においては,受験生が経営学に関する知識を体系的に理解できているかどうかをみるという意図があります。そのために,経営学にまつわる基本的な考え方を明確に説明することができるか,類似した考え方との違いを説明することができるか,及び実例等を通して応用することができるか,ということを測るための設問を出しています。

会計学基礎
第3年次編入学及び転部(昼間コース)試験では,大学入試センター試験とは異なり,記述式の設問形式をとっています。会計学基礎においては,会計制度を中心に会計学に関する知識を体系的に理解できているかどうかを測るために基礎的事項の説明を求める設問を出しています。これにより大学1,2年次程度の会計学の理解がなされているかをみます。

外国語

英語
第3年次編入学及び転部(昼間コース)試験では,大学入試センター試験とは異なり,記述式の設問形式をとっています。英語の文章の内容を正確に読み取ることができるか,前後の文脈を踏まえて英文を自然な日本語で和訳できるか,問われている内容を簡潔にまとめて日本語で表現できるかをみます。

日本語(外国人留学生対象)
第3年次編入学及び転部(昼間コース)試験では,日本語によって書かれた長文の読解を前提とした問題を課します。これにより,基礎的な日本語能力,すなわち日本語を正確に読解する能力,自分の考えを日本語で論理的に表現する能力をみます。

特別入試及び転部試験問題の開示について

第3年次編入学,転部の過去の試験問題(3年分)は,経済学部学務係の窓口で閲覧できるほか,郵送で取り寄せることができます。郵送を希望する場合は,返信用封筒を同封のうえ,次の要領でご請求ください。

請求先 950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050番地
新潟大学経済学部学務係
(封筒表に「特別入試過去問請求」と朱書きしてください。)
返信用封筒 角形2号封筒に,送付先の郵便番号,住所,氏名を記入の上,140円分の切手を貼り付けてください。
任意の用紙に次の事項を記載して同封してください。 (1) 携帯電話番号等(請求内容が不明確な場合に問い合わせします。)
(2) 送付希望の入試区分
 ・第3年次編入学(昼間コース)・転部
(3)「第3年次編入学(昼間コース)・転部」の過去の試験問題を請求する場合は,送付希望の専門科目名(次のうちから一つ)と,外国語(英語)または外国語(日本語)のどちらか一つ。
 ・経済学基礎(マクロ経済学分野)
 ・経済学基礎(ミクロ経済学分野)
 ・経営学基礎
 ・会計学基礎

入試情報の開示

学部入学試験の情報開示については、新潟大学ホームページの 入試情報の開示 と募集要項をご覧ください。

お問い合わせ先

入学試験に関するお問い合わせは下記へお願いいたします。
E-mail: toki@econ.niigata-u.ac.jp