地域リーダープログラム

地域リーダープログラム

机の上での学びを解き放ち、リアルな経済社会を材料にして「五感」で学ぶ

地域リーダープログラム

プログラムの概要

地域社会で活躍する人材には、経済学、企業経営、財政、法律、芸術などの幅広い知識だけでなく、地域の課題を把握し、自ら解決策を立てリーダーシップをもって実行できることが求められます。本プログラムでは現代社会の現状を理解・分析し、ゼミや現役社会人との協働作業を通して、地域の経済・社会の諸課題解決を主体的に学ぶことができます。

学び方の特徴

経済学・経営学を中心にした人文社会科学の専門知識を身に付け、社会の現状を正確に理解、分析する能力を身に付けます。また、自ら思考、調査、論述する方法の修得を重視しながら、ゼミ形式で現代社会を深く分析したり、現役社会人とともに現代社会の課題を探究、解決していくことで、多様な人々と協働しながら課題解決に取り組める能力を身に付けます。

代表的な進路

起業家  公務員  NPO職員  民間企業  議員 等

科目リスト

知識・理解科目
学部共通
基礎科目
  • 経済学入門
  • 日本経済入門
  • 経営学入門
  • 人文社会科学入門
専門科目
プログラム
基礎科目
  • Introduction to Interdisciplinary Japanese Studies
  • 社会調査概説
  • 文化社会論基礎
  • メディア社会文化論概説A・B
  • 映像社会論基礎
  • メディア論実習A・B・C・D
  • 経済社会論基礎
  • 博物館概論
  • 政治社会論基礎
  • 博物館教育論
  • 文字文化史と表現
  • 博物館情報・メディア論
  • 心理学概論A・B
  • 言語学概説A・B
  • 心理学研究法
  • 古典語A
  • 心理学統計法
  • 日本語学概説A・B
  • 人間学研究法A・B
  • 英米言語概説A・B
  • 哲学概説
  • 日本文学概説A・B・C
  • 人間学概説
  • アジア言語文化概説A・B・C
  • 西洋哲学史概説
  • アジア言語文化研究法A・B
  • 宗教学概説
  • 中国語オプショナルA
  • 芸術学概説A・B
  • 朝鮮語オプショナルB
  • 史学概説
  • 西洋言語概説
  • 日本史概説
  • 西洋文化概説
  • アジア史概説
  • 英米文化概説A・B
  • 西洋史概説
  • ドイツ言語文化概説A・B
  • 文化人類学概説
  • フランス言語文化概説A・B
  • 民俗学概説
  • ロシア言語文化概説A・B
  • 地誌学概説
  • 人文社会科学入門(法学)
  • 地理学概説
  • リーガル・システム
  • 考古学概説
  • 憲法Ⅰ
  • 芸能論概説
  • 民法Ⅰ
  • 社会学概説
  • 刑法Ⅰ
プログラム
中核科目
  • 統計入門
  • 環境経済システム論Ⅰ・Ⅱ
  • 行財政入門
  • 金融論Ⅰ・Ⅱ
  • 財政学Ⅰ・Ⅱ
  • 国際マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
  • 公共経済学Ⅰ
  • 社会思想史
  • 地方財政制度論
  • 経済学史
  • 経済数学Ⅱ
  • 世界経済史Ⅱ
  • ゲーム理論
  • 日本経済史
  • ミクロ経済学Ⅱ
  • アメリカ経済論Ⅱ
  • マクロ経済学Ⅱ
  • ロシア経済論
  • 計量経済学Ⅱ
  • 比較経済体制論
  • 組織の経済学Ⅰ・Ⅱ
  • アジア経済論Ⅱ
  • 市場と組織の理論
  • 開発途上国経済論
  • 国際貿易論
その他
専門科目
  • 応用ミクロ経済学
  • Politics in Contemporary Japan, Basic
  • 公共経済学Ⅱ
  • 伝統文化論
  • 公共選択論
  • アートマネジメント
  • NPO論
  • Introduction to Japanese Politics and Diplomacy, Basic
  • 文化経済学
  • East Asian Studies, Basic
  • 地方財政運用論
  • 家族社会学
  • 国際開発論
  • ジェンダー論
  • Introduction to the History of Japanese Studies
  • 性の科学
  • 表象文化論
  • 暮らしと書文化(ビジネス書文化)
  • 比較宗教論
  • 新潟地域文化論
  • 視覚社会論
  • 民法Ⅱ・Ⅲ
  • Anime History
  • 特殊講義
  • 日本政治外交史
  • 概略講義
他プログラムの専門科目
実践学修科目
  • 課題解決スキルⅠ・Ⅱ
  • 演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 課題演習A・B・C
  • 学際日本学演習
  • 社会開放演習A・B・C
  • 共修日本学演習
  • インターンシップ
  • 外国語文献講読Ⅰ・Ⅱ
  • 会計税務インターンシップ
卒業論文
卒業論文

経済科学部では自分の専門に必要な他のプログラムも科目も履修が可能です。